ワンちゃんネコちゃんの体があぶらっぽい!脂漏性湿疹はどんな症状なんでしょうか。

ワンちゃんネコちゃんの身体がベタベタ!油脂症とはどんな症状なんでしょうか

犬脂っぽい

 

定期的にシャンプーやブラッシングをしているのに、

 

ワンちゃんネコちゃんの被毛があぶらっぽくてベタベタしている!

 

 

清潔にしてあげているのにどうしてあぶらっぽくなってしまうんでしょうか?

 

 

 

これは油脂症といって、

 

重度になると脂漏性湿疹と呼ばれる皮膚疾患に移行することもあり、

 

また怖いのが、隠れた病気があることです。

 

 

大事なペットの症状を知り、

 

治療が必要であればすぐに治してあげてください。

 

 

早ければ早いほど、基礎疾患がないかどうかの判断や、

 

脂漏性湿疹が重度にならずに済みます。

被毛がベタベタする原因は?

被毛がベタベタする油脂症の原因は?

・基礎疾患が隠れている

 

油脂症は、元々ワンちゃんネコちゃんがもっていた

 

基礎疾患が原因として現れることがあります。

 

 

主な基礎疾患としては、

 

甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症、栄養障害、

 

アレルギー疾患、内部・外部寄生虫症、自己免疫疾患 などがあります。

 

 

 

まずは、こういった基礎疾患がないかどうか、

 

動物病院で調べてもらってください。

 

 

基礎疾患があれば、その病気をまずは治していくことからはじめます。

 

 

・基礎疾患はないけど油脂症になる子もいる

 

特に基礎疾患はないのですが、

 

遺伝的要素や、合わないドッグフード、合わないシャンプーなどで

 

油脂症になるワンちゃんネコちゃんがいます。

 

 

油脂症が重度になると脂漏性湿疹と呼ばれる皮膚疾患となり、

 

症状が強い場合、完治が長期化するケースも珍しくありません。

 

 

【犬猫の脂漏性湿疹の主な症状】

 

写真のように、フケのような落屑(らくせつ)、赤み、かさぶたなどができます。

 

 

かゆみは非常に強く、この皮膚疾患が強くなると

 

ワンちゃんネコちゃんは非常にかゆがるようになるでしょう。

 

 

この皮膚病は、健康な犬猫に元々備わっている

 

常在菌であるマラセチアがなんらかの原因によって異常に増えてしまいます。

 

 

そのため毛穴周辺に炎症を起こしてかゆみを起こします。

 

 

また、マラセチアによって毛穴に炎症が起こり、

 

毛穴をふさいでしまって新しい毛が生えてくることができずに脱毛の原因となってしまいます。

 

 

こういった酷い症状になる前に、

 

ワンちゃんネコちゃんがいつもかゆがっていないか、

 

皮膚に大きなフケや赤み、かさぶたがないかどうかチェックしてあげましょう!

どうやって脂漏性湿疹を治せばいいの?

まずは脂漏性湿疹になってしまった原因を探してい

ワンちゃんネコちゃんの体質がそれぞれ違うように、

 

脂漏性湿疹になってしまう原因もまたそれぞれです。

 

 

主な原因としては、

 

・合わないシャンプーで洗い続けて、皮膚が弱くなってしまった

 

・合わないドッグフードでアレルギーを起こして結果この病気を発症してしまった

 

 

こういったケースが多いので、まずはマラセチアの働きを抑えてくれるシャンプーに切り替えましょう。

 

 

⇒獣医さんおすすめの確かなシャンプー実際に洗っている所

 

また、毎日のゴハンも見なおしてみてあげてください。

 

 

すぐにコレ!とは見つけにくいかもしれませんが、一週間おきに合うフードを試してあげる、

 

などワンちゃんネコちゃんを観察していれば合うフードが見つかると思います。

 

 

完全無添加フードはこちらを参照してくださいね。

 

↓  ↓  ↓
⇒人間も食べられるフード