脂漏症のワンちゃんにはどんなドッグフードをあげたらいいの?

脂漏症に効果的なドッグフードの選び方は?

 

脂漏症のワンちゃんにはどんなドッグフードをあげるといいのでしょうか?

 

そもそも、市販に売られている一般的なドッグフードは大量生産で安価に作っているため、栄養バランスはあまりよくありません。
一番問題なのが保存料です。いわゆる添加物ですね。

 

昔はペットの脂漏症や花粉症なんてなかったんです。これが最近になってワンちゃんネコちゃんたちも、こういった現代病に悩まされるようになりました。
昔にはなくて現代にはあるものを考えると、保存料などの添加物や合成洗剤などが考えられます。

 

要するに人間にとって便利な物質で動物たちが犠牲になっているというわけです。

 

脂漏症に関していえば、ビタミンやミネラル不足も関係しているといわれています。市販のドッグフードは安くていいのですが、カロリーばかりでこういった必須のビタミンやミネラルは少ないです。

 

ワンちゃんにとって必要な栄養素が足りていないと、皮膚もだんだん弱っていきます。そんな弱った身体に防腐剤の添加物が入ったら、どんどんダメージが蓄積されていきます。

 

そのため、皮膚病のあるワンちゃんやネコちゃんには、栄養素がきちんと入ったフードを用意してあげましょう。

 

口コミを調べると、「ボッシュドッグフード」、「NATIVE DOG」というドッグフードがいいようです。
飼い主さんは、ドッグフードの成分表示をよく読んで、栄養バランスの優れた物、防腐剤などの添加物が少ない物を吟味して与えてあげましょう。

脂漏症には食べ物とシャンプーの対策が必要です!

脂漏症には、動物病院での適切な治療と、飼い主さんの努力が必要です。ワンちゃんネコちゃんは症状を話すことができません。

 

飼い主さんが日頃のペットの様子を把握して、動物病院と一緒に完治に向けて対策していくことが重要なのです。

 

脂漏症で悩むペットには、

 

■動物病院の治療

■適切なフード
■脂漏症専用のシャンプー

 

を選ぶことが完治に向けた大事なポイントです。

 

栄養バランスの優れたフードでワンちゃんネコちゃんの身体の中から健康にまずはしてあげます。

 

それと同時に、脂漏症の原因となっているマラセチアの働きを抑えるシャンプーで洗ってあげるのです。

 

脂漏症はマラセチアの数を減らしていかないとなかなか症状がよくなりません。

 

また、ここは難しいところなんですが、皮膚にある皮脂を落とし過ぎてもよくないのです。
皮脂をゴッソリとってしまうと、肌を守ろうとさらに皮脂を出そうとします。その結果、過剰な皮脂だらけになり、ペットの身体全体が脂っぽくなってしまうのです。

 

そういったことから、マラセチアを抑制し、適度に皮脂を落としてくれる脂漏症専用のシャンプーが必須となります。