犬の脂漏性湿疹にはひば油をおすすめ!ドッグフードもちょっと考えよう

犬の脂漏性湿疹にはひば油と生食を試してみませんか?

 

犬の脂漏性湿疹は、普段から食べているエサに大きく影響されているようです。

 

いわゆる一般的に市販されているドッグフードは、脂質やカロリーは多いのですが、良質なタンパク質やビタミンは不足しているようです。
それに、安く大量の生産するために、またエサが長持ちするよう防腐剤などの添加物がたっぷり入っています。

 

もちろん販売側はボランティアではありません。より低価格で大量生産をし、より利益をあげられるよう生産するでしょう。

 

そうすると消費者側はどうでしょうか。身体の免疫力が弱っている子やアレルギーがある子にとってはこういったドッグフードは容易に皮膚疾患などで身体的な症状が出てくるでしょう。
もちろん、健康なワンちゃんネコちゃんなら何も反応が出ない子もいるかと思います。

 

ただ、すでに皮膚疾患が出てしまう子にとっては、免疫力が弱ってしまっていたり、必要な栄養素が足りていないことがあります。
今回は鶏肉を生で食べさせる方法をお伝えしたいと思います。


鶏肉を生であげてみよう

鶏肉を生であげてみましょう


すでに脂漏性湿疹に悩む飼い主さんが、生の鶏肉をあげて湿疹や脱毛を治している人がちらほらいるようです。

 

例えば生の鶏肉であれば、良質なタンパク質とコラーゲンなどが摂取できます。

 

念のための誤飲を防ぐために、鶏の骨は除いて、お肉を与えてみてください。
早い子で一週間ぐらいで皮膚症状が改善していくようです。

 

ドッグフードなどの添加物に身体が反応して炎症を起こしているのであれば、まずはその原因が取り除かれるので、この炎症反応がなくなるだけでも
だいぶ違ってくるかと思います。

 

他の方法としては、鶏ガラでダシをとり、人肌程度まで冷ましてワンちゃんに与える方法。これも、ワンちゃんの皮膚症状を改善を期待できる与え方です。

 

ワンちゃんはお肉が大好きなので、いくら美味しそうでも、際限なく与えると下痢などの消化不良を起こしてしまいます。
それぞれのワンちゃんの適量を、飼い主さんがコントロールして与えてあげてくださいね。

ひば油でワンちゃんネコちゃんのお手入れをしてあげよう

ひば油、あんまり聞き慣れないですよね。天然のヒバには多くの効能があるようです。

 

抗菌効果
脱臭効果
アトピーへの効果
抗真菌効果
精神安定効果

 

こんなにあるんですね。

 

ひば油は天然成分なので副作用の心配もなし。
成分のよくわからないスプレーをかけてペットを拭いてあげるより、このヒバ油を薄めて拭いてあげるほうが断然安全で効果が期待できそうです。

 

方法としては、ひば油をエチルアルコールで100倍程度に薄めてペットの身体を優しく拭いてあげるのがいいようです。

 

毎回ひば水を作るのが面倒であれば、空のスプレーボトルを用意して希釈したものをストックしておけば便利ですよね。
一応作ったスプレーは冷蔵庫に入れておけばいいでしょう。

 

ぜひ、天然のひば水スプレーを試してみてください!