愛犬愛猫が脂漏性湿疹になった!どんな治療方法があるの?

ワンちゃんネコちゃんの脂漏性湿疹の治療方法

犬猫の脂漏性湿疹の治療方法を詳しくみてみましょう!

 

まずは基礎疾患がないかどうか調べる


ワンちゃんネコちゃんの脂漏性湿疹は基礎疾患があって誘発されるケースが多いです。この基礎疾患にはどんなものがあるんでしょうか?

 

■甲状腺機能低下症
■アレルギー性疾患
■成長ホルモン障害
■栄養失調栄養の偏り
■内部や外部の寄生虫
■自己免疫疾患

 

などがあります。脂漏性湿疹と診断する前にこういった病気が隠れていないかどうか調べます。

 

基礎疾患のない脂漏性湿疹のケースが実は多いです。


脂漏性湿疹の具体的な治療方法

脂漏性湿疹は真菌(マラセチア菌)が大きな原因となるので、抗生物質の全身投与が行われます。
抗真菌薬を内服させるんですね。

 

あわせて以下のような指導が獣医さんからあるでしょう。

 

シャンプーの指導
被毛がベタベタなワンちゃんネコちゃんが多いため、週に一回から二回のシャンプーを指導されます。

 

ちょっとここは、脂漏性湿疹を治すための近道なんですが、動物病院によっては抗真菌剤入りのシャンプーをご存知ない所もあるようです。

 

ウチの愛犬が実際に抗真菌剤入りのシャンプーを使ってすぐに症状がよくなったように、抗真菌剤入りシャンプーでマラセチアの働きを抑えてやるのが効果的です。

 

ウチがかかっている獣医さんは、コラージュフルフルネクストの存在を知っていたので、運良く教えてもらえました。
獣医さんにおすすめされるのであれば確かだし、たまたまその獣医さんが抗真菌シャンプーを知っていて本当にラッキーでした。

 

毎日のエサの指導
この皮膚疾患のある犬猫は肌が非常に敏感になっています。
毎日のごはんは低アレルゲンのドッグフードに切り替えたほうがいいと指導されるでしょう。

 

その他ビタミンなどの栄養補給
栄養が偏っていてもこの病気は発症します。ワンちゃんネコちゃんの状態をみて、ビタミンやミネラルの栄養補助剤が処方されることがあります。

 

獣医さんの指示に従い、根気よく治療をしていきましょう。

ワンちゃんネコちゃんの正しいシャンプーの仕方は?

 

ワンちゃんネコちゃんの正しいシャンプー方法を知っていますか?
正しい方法で洗わなければ治る病気も治りません。

 

ぬるま湯で洗うこと!
熱いお湯は使わないと思いますが、念のため。脂漏性湿疹のある子は、熱いお湯に反応して湿疹がかゆくなってしまいます。
人肌程度のぬるま湯を使いましょう。

 

■シャワーで汚れをしっかり落とす!
シャンプーの前にシャワーで汚れをしっかり落としましょう。

 

■シャンプーを手のひらで泡立てて指の腹で洗うこと!
抗真菌剤入りのシャンプーコラージュフルフルネクストは、自然成分なのではっきりいってよく泡立ちません。
でも、皮脂を必要以上に洗い落としてしまうのが、脂漏性湿疹の原因でもあるので泡立ちの良し悪しは気にしないでください。

 

手のひらに適量のシャンプーをとったら、なるべく泡立てましょう。
その後、指の腹でやさしくマッサージするように洗ってください。

 

■洗い流すのは洗う時間の倍かけて流すこと
いくら湿疹用のシャンプーを使っても、シャンプーを残さないでください。洗った時間の倍ぐらいをかけてよく洗い流すのがコツです。

 

■シャンプーする前に飼い主さんの爪は短く切る
爪で皮膚を引っ掻いてしまうのが傷んだ皮膚に一番ダメージを与えてしまいます。
シャンプーする前に飼い主さんは必ず爪を切ってから洗ってあげてくださいね!

 


脂漏性湿疹のシャンプーにはコラージュフルフルを使おう!

脂漏性湿疹にコラージュフルフルがおすすめなワケ

 

我が家は愛犬が脂漏性湿疹になった時幸運にも獣医さんにコラージュフルフルを紹介してもらえました。

 

マラセチアに効く抗真菌剤入りの成分が入っているので、マラセチアが増殖してしまっているワンちゃんネコちゃんの皮膚にピンポイントで効果を発揮してくれます。

 

しかも、薬用・無香料・無色素です。人間用だけど、問題ないから使ってみてと獣医さんに紹介されましたが、見つけずらいので、ペット用コラージュフルフルを発売してほしいぐらいに思っています。

 

愛犬愛猫の脂漏性湿疹を治すシャンプーはこちら!!