犬のかさぶたとベタベタ解消方法は?

犬がかさぶたいっぱいでしかもベタベタしてる!どうケアする?

 

 

 

ワンちゃんの身体に気づいたらかさぶたがいっぱい!

 

 

しかもなんか全体的にベッタベタ!!

 

 

どうしてこんなになってしまったの?

 

 

いつもシャンプーしてきれいにしてあげてるのに…

 

 

これにはいくつかの原因が考えられます。

 

 

大事なワンちゃんを救ってあげられるのはあなただけです!

 

 

ぜひ解決してあげてくださいね。

 

 

 

犬のかさぶたができる原因はコレだ!!!

 

犬にかさぶたができる原因はいくつかあります。

 

 

それぞれの原因にあてはまる物があれば、その原因を

 

排除して、早くワンちゃんを助けてあげましょう。

 

 

シャンプーのし過ぎ

 

いわゆるシャンプーのし過ぎですね。

 

犬は本来ひと月に一回程度のシャンプーで十分です。

 

 

しかし、飼い主である人側が「臭うから」とか「きれいにしないと」という

 

判断で一週間に一回などの高頻度でシャンプーをしてしまいます。

 

 

すると、かえってワンちゃんの皮膚の抵抗力が低くなってしまいます。

 

 

図を見ていただきたいのですが、

 

シャンプーのし過ぎでワンちゃんの皮脂を全部とってしまうと、

 

皮膚を守る物が何もなくなってしまい、

 

皮膚がむき出し状態になってしまうんですね。

 

 

これは皮膚炎一歩手前で次は少しバイ菌が入るだけで

 

皮膚病を引き起こす一歩手前の状態なんです。

 

 

でも大丈夫!この状態なら皮膚にやさしいシャンプーにかえるだけで

 

ワンちゃんの皮膚がどんどん丈夫になり

 

正常化していきますよ♪

 

 

脂漏症皮膚炎

 

脂漏症皮膚炎は犬の皮膚に元々存在する

 

マラセチア菌という細菌がいきなり増えて炎症やかゆみを

 

引き起こす皮膚炎です。

 

 

この皮膚炎の特徴は、かさぶたがたくさんできることと、

 

かゆみが強く皮膚がベタベタしてくることです。

 

 

マラセチア菌は皮脂をエサにどんどん増えていきます。

 

 

そのため、暴走しているマラセチア菌を抑えてあげないと

 

いつまで経っても治りません。

 

 

マラセチア菌を殺菌できる皮膚炎専用のシャンプーが実はあります。

 

 

私はこのシャンプーで愛犬のかさぶたとベタベタを治しましたよ!

 

 

>>かさぶたを治す究極の方法は?

 

 

膿皮症

 

膿皮症はペットが一番かかりやすい皮膚炎です。

 

 

ある日、ワンちゃんが自分の皮膚を引っ掻き、

 

そこから細菌が感染することでかゆみやかさぶたを

 

作ることが原因です。

 

 

膿皮症には、まず動物病院で抗生物質をもらい

 

治すこと。

 

 

次に適切なフードと皮膚にやさしいシャンプーで

 

ワンちゃんの免疫力全体を上げてやることで防げます。

 

 

ダニ

 

ダニが犬に寄生すると、とてもかゆがり

 

掻きむしります。

 

 

すると、フケやかさぶたができます。

 

 

また、ダニはワンちゃんのかさぶたの裏にも寄生します。

 

 

これをチェックするには、ワンちゃんのフケをよく観察すること。

 

 

フケが移動していたらそれはダニです。

 

 

こういった場合は動物病院の受診が必要です。

 

関連ページ

犬のかさぶたでワンちゃんが脱毛に?
犬にはどうしてかさぶたや脱毛が起こるのでしょうか?飼い主として何に注意してあげたらいいのでしょうか?
犬の皮膚炎「かさぶたが皮膚にたくさんできてる!」
ワンちゃんネコちゃんの皮膚をみるとかさぶたがたくさんできている!いつもかゆがっている!こんな症状で悩んでいる飼い主さんはいませんか?犬の皮膚炎でかさぶたができる原因を調べてみました。
犬が全身かさぶただらけに!
ワンちゃんの体にかさぶたがたくさん!これって何かの病気でしょうか?犬の皮膚症状から逆引きしてかさぶたの原因を突き止めてみましょう。