犬の背中に湿疹ができる原因と対策方法!

犬の背中がブツブツしている!何コレ?

とある日、愛犬の背中を見たらぶつぶつがいっぱい!

 

 

何これ?とワンちゃんの湿疹を見つけると

 

驚いてしまいますね・・・

 

 

犬はもともと人間よりできものが30倍もできやすいと

 

言われています。

 

 

そして犬は皮膚炎にかかりやすく、

 

 

犬の皮膚炎は実に400種類超あるといわれています。

 

 

 

ここでは主なブツブツの原因になる皮膚炎、ケア方法をご紹介していきます。

犬の背中にできるブツブツどんな病気があるの?

dogsenaka

 

そもそも、犬の皮膚は薄くできており、

 

皮膚炎の種類も400種類以上あります。

 

 

断定はできないものの、主な皮膚炎がありますから、

 

背中のブツブツがどの皮膚炎なのか?を一緒に見ていきましょう。

 

膿皮症

膿皮症は、ワンちゃんのブツブツで一番発症しやすい皮膚炎です。

 

 

皮膚に元々ある「ブドウ球菌」が何らかの原因でバランスが崩れ、

 

傷ができた時に細菌が入ってしまい、

 

化膿して湿疹などもできる皮膚炎です。

 

 

膿皮症は放置しておくと、化膿が皮膚の奥底まで

 

入り込み、発熱や激しい痛みを伴うこともあります。

 

 

皮膚が化膿している場合は放置せず、

 

動物病院で適切な治療を受けます。

 

 

マラセチア皮膚炎

マラセチア皮膚炎は、犬の皮膚に元からある

 

「マラセチア菌」が激増し、

 

皮膚のベタベタ、かさぶた、ブツブツを発症します。

 

 

できやすい場所は肛門周り、口元、背中、お腹、わきの下、指の間で

 

 

湿気のこもりやすい所、なおかつ汚れがたまりやすくて皮脂分泌の多いところに

 

できやすいです。

 

 

マラセチア菌自体がカビ菌ですから、

 

湿気のこもりやすい部位にできやすいのです。

 

 

梅雨時や夏頃増加する傾向にあります。

 

 

ノミダニ感染症

ノミやダニに感染することにより、

 

犬がかゆがり皮膚に疾患が出ます。

 

 

ノミやダニに感染した場合は、

 

駆除剤を適切に使い、家の掃除も徹底して行います。

 

 

ほかのワンちゃんからうつることもありますから、

 

普段から飼い主さんが愛犬の皮膚の様子をよくチェックしてあげる必要があります。

 

アレルギー皮膚炎

アレルギー皮膚炎というと、

 

人間の皮膚炎のイメージがありますが、

 

 

犬のアレルギー皮膚炎も急増しています。

 

 

特に口の周り、背中、わきの下や内股など、

 

いつもこすれ合う部分が慢性的にかゆい場合は

 

 

アレルギー皮膚炎を疑います。

 

 

アレルギー皮膚炎は原因となるアレルゲン物質が存在します。

 

 

ペットフードの見直し、基礎疾患が隠れていないか?

 

またワンちゃんの体全体の免疫力低下もアレルギーに関係しますので、

 

免疫力を高めるサプリメントを与えるのも効果的です。

 

犬の背中がブツブツしている時のケア方法は?

我が家の愛犬は、

 

ミニチュアシュナウザーなんですが、

 

 

ミニチュアシュナウザーはもともと皮膚の弱い犬種ですし、

 

 

愛犬自体が皮膚の弱い子です。

 

 

今まで何度も皮膚炎にかかってきました。

 

 

でも、一つ気づいたことがありました。

 

 

それは犬の免疫力の低下

 

 

です。

 

 

まず、免疫力をコントロールしているのが、

 

胃腸の働きでもあるんですが、胃腸が弱っていると

 

皮膚に症状として現れてきます。

 

 

また、膿皮症に代表される、ブドウ球菌やマラセチア菌というのは、

 

免疫力そのものが高ければ、そもそも常在菌のバランスは崩れません。

 

 

言い方をかえると、皮膚が丈夫で皮膚炎にかからないワンちゃんは、

 

胃腸も丈夫で健康でなおかつ免疫力が高いから

 

皮膚炎やほかの病気にもかからないワケです。

 

 

 

なので、これから先も愛犬には健康でいてほしいから、

 

免疫力を高めるサプリメントをいつもあげています。

 

 

すると、即効性はややありませんが、

 

 

だいたい2か月ぐらいで、ちょっとしたきっかけですぐ荒れる

 

愛犬の皮膚が、皮膚炎にかかる頻度が急に少なくなり、

 

最終的な今は毛艶もよくなり、ほとんど動物病院にいかなずに済んでいます。

 

 

 

シャンプーや食事も大事にしつつ、

 

犬の免疫力そのものを上げる

 

これが背中にブツブツを作らない大事なケア方法だと思います。

関連ページ

犬用のアレルギー皮膚炎に効果のあるシャンプーは?
犬用のアレルギー皮膚炎に効果のあるシャンプーはあるんでしょうか?アレルギー皮膚炎といっても皮膚炎の種類はたくさんあります。皮膚炎の種類別に合うシャンプーを検証していきます。
犬の薬浴って何?犬の皮膚炎は薬浴で治るの?
ワンちゃんネコちゃんの皮膚炎といってもたくさんの種類がありますが、薬浴ってご存じでしょうか。薬浴の方法と皮膚炎別にどんな方法で行うのか詳しく調べました。薬浴はシャンプー療法といって立派な治療方法なんですよ!
犬の皮膚炎対策に犬用ひば油スプレーを作ろう!
犬の皮膚炎対策にひば油スプレーを作りませんか?軽度の皮膚炎であればひば油だけで治ってしまうワンちゃんもいるそうです。ここでは、ひば油スプレーの作り方を紹介します♪
犬や猫の皮膚炎にリンデロンは使っていいの?
ワンちゃんネコちゃんが皮膚炎でかゆそう!すぐに動物病院に行けないし、家にあるリンデロンを塗っても大丈夫?!リンデロンはかゆみや炎症を抑える薬なので、ペットにも処方されます。でも、素人判断は注意です!
犬の皮膚炎の塗り薬を一覧にしました!軽症であればおすすめです
ワンちゃんネコちゃんが皮膚炎でかゆそう!まずは動物病院での診断が先ですが、軽症な場合、市販の塗り薬で治ってしまうことも、犬猫の皮膚炎の塗り薬を一覧にまとめました!
犬の皮膚炎「アトピ性皮膚炎にはホホバオイル」を試してみよう!
ワンちゃんの皮膚炎の一つであるアトピ性皮膚炎。難治性の皮膚炎でワンちゃんはとてもかゆみが強く、飼い主さんはどうすれば治るのかお悩みだと思います。アトピー性皮膚炎にはホホバオイルが効果的だと最近になって分かってきました♪
犬の皮膚炎にはフードはどれを選んであげればいいの?
犬の皮膚炎って飲み薬はどんなものがあるの?通販ってある?
犬の皮膚炎に市販薬ってあるの?
犬の皮膚炎にはどんな食事がいいの?
ワンちゃんが皮膚炎を繰り返す!すごく困りますし、かわいそうです。でも、病院で薬を使うだけでおしまい?これって根本的な改善でしょうか?愛犬の皮膚炎を治した食事を紹介します。
犬の皮膚炎に最適なドッグフードを選ぶ!
犬の繰り返す皮膚炎に一番安心してあげられるペットフードってどれなんでしょうか?市販のペットフードは添加物の毒物がてんこ盛りで入ってます。安全なフードで繰り返す皮膚炎を予防できます。
犬の皮膚炎の治療法を知りたい
動物病院で治療してもなかなか愛犬の皮膚炎が治らない、すぐに再発してしまう…こういった場合皮膚炎になってしまう原因から解決していくしかありません。
【準備中】犬の乾燥性皮膚炎で肌がボロボロ!
犬の皮膚炎にいいエサはどれ?
ワンちゃんの皮膚炎にいいドッグフードってどんなものでしょうか?犬は本来肉食です。そして良質な材料のペットフードをあげなければ、皮膚の弱いワンちゃんが皮膚炎を発症するのは当たり前なのです。
【準備中】犬が皮膚炎で掻き毟る!どうやってケアする?
犬のひどい皮膚炎を治してあげる方法
ワンちゃんのひどい皮膚炎…どうしてなかなか治らないんでしょうか?犬がひどい皮膚炎になる「原因」をきちんと突き止めてあげてますか?皮膚炎になる根本的な原因をまずは考えてみましょう。
【準備中】犬の毛がごっそり抜けた時の対処法
犬が原因不明の皮膚炎に。助けたい!
愛犬が原因不明の皮膚炎に!動物病院で検査しても原因がわからず高額な治療費が続くばかり…これって転院するべき?ワンちゃんの皮膚病を根本的に治すことはできないの?
【準備中】犬の毛が変色してしまった場合の対処法は?