犬の皮膚炎を治したい!薬浴をやってみよう!!

犬の薬浴って何だろう?皮膚炎には効果があるんでしょうか?


ワンちゃんの皮膚炎に悩む飼い主の皆さん、「薬浴」って聞いたことはありますか?

 

薬浴はシャンプー療法といわれるれっきとした治療方法のうちの一つです。

 

犬のアトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、膿皮症などほとんどの皮膚炎に薬浴は有効です。

 

「薬浴」といっても、お風呂にワンちゃんを入れて薬付けにするわけではありません。
その子の皮膚炎の症状別にシャンプーを選んで洗ってあげます。

 

では、薬浴の方法を詳しく見ていきましょう。

ペットの薬浴には皮膚炎別に適切なシャンプーを選びましょう。

薬浴といっても、シャンプーがなんでもいいわけではありません。

 

皮膚炎別にシャンプーを選ばないと、症状がかえって悪化してしまうことも。脂漏性のワンちゃんに保湿効果だけのシャンプーを使っても症状は改善しません。

 

では、皮膚炎別に合うシャンプーを見ていきましょう。

 

■アトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎は皮膚表面の乾燥やバリア機能が低下して起こると考えられています。シャンプーは保湿の効果の高い、セラミド入りのシャンプーがいいでしょう。

 

人間も同じですが、皮膚のバリア機能が弱って、お肌が敏感になっていますから、石油系合成界面活性剤などの刺激の強いシャンプーではなく、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

 

■脂漏性皮膚炎

 

犬猫の皮膚にいるマラセチアが過剰に増えて起きる皮膚炎です。重症化すると治療が長引いてしまい、かゆだけでなくかさぶたがたくさんできたり、被毛がごっそり抜けてしまうこともあります。

 

マラセブシャンプーは脂漏性皮膚炎専用のシャンプーで、マラセチアの働きを抑える効果に優れたシャンプーです。

 

また、脂漏性皮膚炎は名前の通り、皮脂がたくさん出るので、身体がベタベタするのが特徴的なんですが、皮脂を全て落としてしまえばいいわけではありません。皮脂を全部落としてしまえば、乾燥をふせぐためにまた皮脂を出そうとします。その結果悪循環に陥ります。

 

皮脂を適度に落とし、必要な皮脂は残す、脂漏性皮膚炎専用のシャンプーを使うべきです。

 

■膿皮症

 

膿皮症はブドウ球菌の細菌が傷に入り込み、その傷が化膿してかゆみや脱毛を引き起こします。
細菌を殺す成分入りのシャンプーを使います。細菌が皮膚の深部に入り込んでしまうと、難治性となり、治療が難しいものとなります。

 

浅い状態ぐらいで飼い主さんが見つけてあげて早め早めの対策が必要です。

 

また、膿皮症になる子は、体質や遺伝的に皮膚の弱い子が多いです。細菌を殺すシャンプーで膿皮症を治してあげたら、普段からもペットの皮膚をケアできるシャンプーで洗ってあげるといいです。その後の皮膚炎の予防になります。

 

皮膚炎の予防としては、やはりアミノ酸系の皮膚にやさしいシャンプーを使うべきです。

 

一度皮膚炎を発症したペットには、間違っても市販の成分の強いシャンプーは使わないでください。皮膚の弱い子に刺激の強いシャンプーはかわいそうです

愛犬の皮膚炎には薬浴として「マイクロバブル」も効果的なようです♪


薬浴の種類として「マイクロバブル」というのがあります。マイクロバブルとは、髪の毛よりも小さい水分の泡を使ってペットを洗うことです。

 

通常のシャンプーだと、いくら洗っても毛穴の汚れは全て落とせません。マイクロバブルだと、水の分子が小さいので、毛穴の奥の汚れまで取り除くことができます。

 

特に脂漏性のワンちゃんには適しているシャンプーだと思います。古い汚れは脂漏性皮膚炎を悪化させますから、こういった薬浴を利用すると治療効果があがるかもしれませんね。

 

動物病院により料金が異なりますが、1000円から1500円程度でマイクロバブルを受けられるようです。ぜひ調べてみてくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか。薬浴といっても、まずはワンちゃんネコちゃんの皮膚炎の種類を診断してもらわないと、適切なシャンプー療法ができないですね。

 

ペットの様子がいつもとおかしいと感じたら早めに獣医さんに診てもらい、皮膚炎であれば早めに対処していく。

 

こういった日頃のケアが、ワンちゃんネコちゃんの皮膚炎を悪化させないコツだと思います♪

関連ページ

犬用のアレルギー皮膚炎に効果のあるシャンプーは?
犬用のアレルギー皮膚炎に効果のあるシャンプーはあるんでしょうか?アレルギー皮膚炎といっても皮膚炎の種類はたくさんあります。皮膚炎の種類別に合うシャンプーを検証していきます。
犬の皮膚炎対策に犬用ひば油スプレーを作ろう!
犬の皮膚炎対策にひば油スプレーを作りませんか?軽度の皮膚炎であればひば油だけで治ってしまうワンちゃんもいるそうです。ここでは、ひば油スプレーの作り方を紹介します♪
犬や猫の皮膚炎にリンデロンは使っていいの?
ワンちゃんネコちゃんが皮膚炎でかゆそう!すぐに動物病院に行けないし、家にあるリンデロンを塗っても大丈夫?!リンデロンはかゆみや炎症を抑える薬なので、ペットにも処方されます。でも、素人判断は注意です!
犬の皮膚炎の塗り薬を一覧にしました!軽症であればおすすめです
ワンちゃんネコちゃんが皮膚炎でかゆそう!まずは動物病院での診断が先ですが、軽症な場合、市販の塗り薬で治ってしまうことも、犬猫の皮膚炎の塗り薬を一覧にまとめました!
犬の皮膚炎「アトピ性皮膚炎にはホホバオイル」を試してみよう!
ワンちゃんの皮膚炎の一つであるアトピ性皮膚炎。難治性の皮膚炎でワンちゃんはとてもかゆみが強く、飼い主さんはどうすれば治るのかお悩みだと思います。アトピー性皮膚炎にはホホバオイルが効果的だと最近になって分かってきました♪
犬の皮膚炎にはフードはどれを選んであげればいいの?
犬の皮膚炎って飲み薬はどんなものがあるの?通販ってある?
犬の皮膚炎に市販薬ってあるの?
犬の皮膚炎にはどんな食事がいいの?
ワンちゃんが皮膚炎を繰り返す!すごく困りますし、かわいそうです。でも、病院で薬を使うだけでおしまい?これって根本的な改善でしょうか?愛犬の皮膚炎を治した食事を紹介します。
犬の皮膚炎に最適なドッグフードを選ぶ!
犬の繰り返す皮膚炎に一番安心してあげられるペットフードってどれなんでしょうか?市販のペットフードは添加物の毒物がてんこ盛りで入ってます。安全なフードで繰り返す皮膚炎を予防できます。
犬の背中がぶつぶつしている!
ふと愛犬の背中を見ると、ブツブツがたくさん!これって何?どうやって治してあげたらいいんだろう?犬の背中にできものができる原因や病気ケア方法を詳しく紹介していきます。
犬の皮膚炎の治療法を知りたい
動物病院で治療してもなかなか愛犬の皮膚炎が治らない、すぐに再発してしまう…こういった場合皮膚炎になってしまう原因から解決していくしかありません。
【準備中】犬の乾燥性皮膚炎で肌がボロボロ!
犬の皮膚炎にいいエサはどれ?
ワンちゃんの皮膚炎にいいドッグフードってどんなものでしょうか?犬は本来肉食です。そして良質な材料のペットフードをあげなければ、皮膚の弱いワンちゃんが皮膚炎を発症するのは当たり前なのです。
【準備中】犬が皮膚炎で掻き毟る!どうやってケアする?
犬のひどい皮膚炎を治してあげる方法
ワンちゃんのひどい皮膚炎…どうしてなかなか治らないんでしょうか?犬がひどい皮膚炎になる「原因」をきちんと突き止めてあげてますか?皮膚炎になる根本的な原因をまずは考えてみましょう。
【準備中】犬の毛がごっそり抜けた時の対処法
犬が原因不明の皮膚炎に。助けたい!
愛犬が原因不明の皮膚炎に!動物病院で検査しても原因がわからず高額な治療費が続くばかり…これって転院するべき?ワンちゃんの皮膚病を根本的に治すことはできないの?
【準備中】犬の毛が変色してしまった場合の対処法は?