ワンちゃんの皮膚がただれた時のケア方法

犬の皮膚のただれにはどんなシャンプーを使う?

犬皮膚ただれ

 

写真引用元:綾部動物病院

 

 

 

ワンちゃんの皮膚がただれてしまうと、

 

シャンプーもしみて痛がるし、

 

いつもなめていてかわいそうですね…

 

 

皮膚がただれているのは、痛みを感じる皮膚部分が

 

むき出しになっている状態…

 

 

シャンプーをやさしいものに選んであげないと、

 

 

強烈な痛みを犬は感じています。。

 

 

犬の皮膚を正常な状態にしてあげよう!

犬皮膚ただれ

 

図を見てください。

 

 

皮膚がただれたワンちゃんや皮膚炎を繰り返すワンちゃんは

 

皮膚表面のバリア機能がとても弱っています。

 

 

健康なワンちゃんは、皮膚表面にいつも適度な皮脂が出ていて

 

外敵から身を守っています。

 

 

しかし、皮膚の荒れたワンちゃんは、このバリア機能が壊れてしまっているので、

 

 

つねに刺激の弱い皮膚でいるしかないのです。

 

 

これではいくら病院で治療をしても、

 

その場しのぎでしかなく、また何らかのきっかけで皮膚病を繰り返すことになります。

 

皮膚のただれを治療しながら丈夫な皮膚を作ってあげる

犬の皮膚がただれてしまうということは、

 

健康な皮膚のワンちゃんより

 

皮膚が弱ってしまいます。

 

 

そうであれば、まずは健康で丈夫な皮膚ができる環境を

 

飼い主さんが用意してあげるべきです。

 

 

まず、市販のペットシャンプーは、

 

ワンちゃんに必要な皮脂まで洗ってしまうので、

 

今すぐ使用はやめること。

 

 

そうではなくて、犬の本当の健康的な皮膚を作るために

 

 

無添加のシャンプーで皮脂を残してやるのが大事なんです。

 

 

最近の動物病院では、皮膚の荒れた子には

 

セラミド治療を行うことが多いです。

 

 

これは、セラミド物質でワンちゃんの皮膚表面に保護膜を作ってやり

 

犬の皮膚表面を丈夫にして治癒を目指す治療です。

 

 

やはり、ワンちゃんの健康的な皮膚を手に入れるためには、

 

 

皮膚表面の皮脂がポイントなんですね。

無添加のシャンプーはどうして犬の皮膚のただれにいいの?

私の愛犬もしばらく皮膚が弱くて皮膚炎を繰り返していました。

 

 

それまでは市販のペットシャンプーの刺激が強いことなんて

 

まったく知らなかったんです。

 

 

しかし、市販のペットシャンプーに入っている

 

ラウリル硝酸塩や着色料、保存料が、

 

 

皮膚の薄いワンちゃんの刺激になっていることを知り、

 

 

毎回のシャンプーでどんどん弱い皮膚を作り出していることに気づいたんです。。

 

 

ワンちゃんの皮膚は人間より薄いので、それこそ

 

皮膚を守ってくれる皮脂を残してあげるシャンプーを使わないと、

 

皮膚炎をすぐ招くことになるのは当然の結果だったんです…

 

 

それと、愛犬の皮膚がただれてしまった場合は、

 

犬の身体全体を強くしてあげないと、

 

皮膚炎を繰り返す弱いワンちゃんのままになってしまいます…

 

 

どうやってワンちゃんの身体そのものを強くしてあげられるか??

 

こちらもご覧くださいね!

 

↓   ↓   ↓

 

⇒虚弱体質の愛犬が皮膚共に元気になった方法

関連ページ

【準備中】犬の皮膚のただれの原因は?
犬の皮膚が赤くただれている…どうケアする?
ワンちゃんのお肌が赤くなってただれている!?毎日ちゃんとお世話しているのになぜ?犬の皮膚炎は数百種類あるといわれています。代表的な病気を見ながらケア方法を考えましょう。
犬の陰部のかぶれを治してあげたい!
ワンちゃんの陰部にかぶれ。動物病院にいってもよくならない…どうやって治してあげればいい?犬の陰部のかぶれの原因から考えてよくしてあげましょう!