ワンちゃんが細菌性皮膚炎になったらどのシャンプーを選ぶ?

犬の細菌性皮膚炎にはどんなシャンプーがいいの?

犬細菌性皮膚炎シャンプー

 

犬の細菌性皮膚炎には主に

 

3種類の皮膚炎があることがわかりました。

 

⇒犬の細菌性皮膚炎主な病気こちら

 

 

ワンちゃんが細菌性皮膚炎になってしまうのは、

 

皮膚が弱ってしまい常在菌でも自分の皮膚を荒らしてしまいます。

 

 

つまり、他の健康なワンちゃんはちょっとした皮膚トラブルがあっても

 

健康であれば皮膚炎にかからず自然治癒で丈夫な皮膚を保つことができるのです。

 

 

しかし、すでに皮膚が弱ってしまっていると自分が持つ細菌にさえ

 

反応し、肌トラブルを起こします。

 

 

そこで、細菌性皮膚炎の種類ごとに細菌のバランスを

 

整えてくれるシャンプーが必要になってきます。

 

細菌性皮膚炎の時に使ってあげたいシャンプーは?

細菌性皮膚炎の代表格は

 

・膿皮症

 

・脂漏症

 

・毛包虫(アラカス症)

 

 

ですが、例えば膿皮症のワンちゃんに脂漏症用のシャンプーを

 

使ってしまえば、化膿した所にしみてしまいとても痛い思いをします。

 

 

そのため、細菌性皮膚炎の種類によって

 

使うべきシャンプーは変わってきます。

 

 

膿皮症に使いたいシャンプー

 

膿皮症はワンちゃん自身の身体にある

 

ブドウ球菌が増殖して、傷口が化膿してしまう皮膚炎です。

 

 

化膿した所に薬用シャンプーを使えば、

 

傷口にシャンプーがしみてしまいとたんに、強い痛みを感じてしまいます。

 

 

そのため、膿皮症のワンちゃんには、

 

とにかく無添加で皮膚にやさしいシャンプーを選んでやります。

 

愛犬が膿皮症だった時に治したシャンプーをぜひチェックしてみてください。

 

⇒愛犬が無添加シャンプーで洗っている様子

 

 

脂漏症

犬細菌性皮膚炎シャンプー

 

脂漏症は、ワンちゃんの皮膚がベタベタしたり、

 

かさぶたができたりする皮膚炎。

 

 

「マラセチア菌」という常在菌がワンちゃんの皮脂を食べながら増殖していきます。

 

 

そのため、脂漏症のワンちゃんにはマラセチア菌を殺菌できるシャンプーがいいです。

 

 

愛犬が使っているシャンプーは実際に

 

動物病院の脂漏症の治療でも採用されている正式なシャンプーなんですよ!

 

⇒愛犬がマラセチア菌シャンプーで洗っている様子はこちら

 

毛包炎

毛包炎とは、毛穴の所にブドウ球菌が入り、

 

化膿しておできのようなニキビのような状態をいいます。

 

 

免疫力が低下したり、不衛生にしていると起こりやすい皮膚炎です。

 

 

毛包炎はワンちゃんの身体が弱っている時に起こりやすいので、

 

フードの見直しや、皮膚に合ったシャンプーを使っているか?

 

を主にチェックしてあげます。

 

 

いかがでしたか?

 

細菌性皮膚炎自体は難しい病気ではないのですが、

 

ワンちゃんの身体全体が弱っていることは確かと言えそうです。

 

 

弱っている皮膚にさらに刺激の強いシャンプーで

 

皮膚炎を悪化させることのないよう、飼い主さんも注意してあげたいですね。

関連ページ

犬の細菌性皮膚炎ってどんな病気?
ワンちゃんが細菌性皮膚炎を繰り返して困っています!でも細菌性皮膚炎って何?薬をもらうだけでは治らない?再発を予防して犬が健康に暮らせるケアをしてあげましょう。