ワンちゃんの繰り返す細菌性皮膚炎を予防する方法は?

犬の細菌性皮膚炎ってどんな病気?

細菌性皮膚炎は犬の皮膚病で一番かかりやすい

 

病気です。

 

 

でも、この細菌性皮膚炎って何?

 

 

まずは細菌性皮膚炎の種類や原因から見ていきましょう。

細菌性皮膚炎って何?

細菌性皮膚炎はもともとワンちゃんの身体にある

 

「常在菌」という細菌が悪さをして

 

 

皮膚に炎症を起こす病気です。

 

 

細菌性皮膚炎には、主に

 

 

・膿皮症

 

・脂漏性

 

・毛包炎

 

などが代表的です。

 

 

どれも普段はワンちゃんの皮膚を守ってくれる

 

良い細菌なんですが、

 

何らかの原因でそれぞれの菌の数が増えすぎてしまい、

 

 

かゆみや湿疹を引き起こす悪い細菌に変化してしまいます。

 

 

では、細菌性皮膚炎になってしまう原因とは?

細菌性皮膚炎を繰り返してしまう原因は?

では、どうして細菌性皮膚炎になってしまうんでしょうか?

 

 

細菌性皮膚炎はさまざまな要因が絡み合って

 

結果として常在菌のバランスを崩してしまいます。

 

 

例えば、

 

 

・合わないシャンプーで洗って皮膚を傷つけている

 

 

・犬の免疫力そのものが低下してしまっている

 

 

・季節性、梅雨や夏の高温多湿で細菌が増えてしまった

 

 

・アレルギーや甲状腺機能などの基礎疾患が隠れている

 

 

こういった可能性が考えられます。

 

 

最後のアレルギーがあるかどうか?

 

甲状腺機能に異常はないか?

 

 

この二点は動物病院で詳しく検査してもらうべきですね。

 

 

 

しかし、ほかの原因は

 

 

飼い主のケアですべて予防できるんです。

ワンちゃんの身体の内側から元気にしてあげよう!

私たち飼い主がワンちゃんにしてあげられることは、

 

犬の身体の内側から元気にしてあげること。

 

 

 

動物病院で薬をもらえば、

 

 

細菌性皮膚炎は一時的にはよくなります。

 

 

でも、原因を解決しなければ、また皮膚炎を再発させてしまうんです。

 

 

私たち飼い主にできること。

 

 

次の三点をまずは見直してあげてください。

 

 

合わないシャンプー

まず、合わないシャンプーなんですが、

 

細菌性皮膚炎になってしまったら、

 

普段のシャンプーを禁止する動物病院さえあります。

 

 

それだけ、シャンプー成分に注意しなければ

 

危険だということです。

 

 

特に危険な成分は、

 

・ラウリル硝酸塩

 

・エデト酸塩

 

・パラベン

 

・何色何号

 

など。

 

 

こういった成分は石油からできている成分で、

 

 

シャンプーを安く売るために作られた成分。

 

 

このような刺激物質はワンちゃんの皮膚を傷つけるだけなので

 

今使っているシャンプーに表示があればすぐに使用をやめてほしいです。

 

 

愛犬が獣医さんにOKをもらって使っている

 

無添加で皮膚を丈夫にしているシャンプーで洗っている様子をまとめました。

 

 

ぜひ、参考にしてください。

 

 

⇒愛犬の皮膚を保護できる無添加シャンプーこちら

 

 

毎日のドッグフードの危険性

毎日のご飯、まさか毒物を与えてはいませんよね?

 

 

毒物なんて大げさな、なんて思うことなかれ。。

 

 

市販のドッグフードって本当に劣悪な材料で作っているんです。

 

 

カナガン悪い口コミ

 

これは市販のどこにでも売っている

 

一般的なドッグフード。

 

 

何何エキス、何何ミートって記載がありませんか?

 

 

これらは、動物の死がいや病気のお肉を粉砕して加工された物。

 

 

4Dミートっていいます。

 

 

100gわずか5円で取引されています。こんなお肉、ワンちゃんの体にいいと思いますか?

 

 

それと、赤色106号、黄色、青色という表示がありますよね?

 

 

こういった色素はドッグフードの見た目だけをよくするために使われている

 

発がん性物質で人間の使用は禁止されています。

 

 

こんなの、愛犬に与えたいですか?

 

 

どれだけ私たち消費者に本当のことを知らされていないのか、

 

その真実を知ってほしいです。。

 

 

毒を盛られたワンちゃんは、食べたその場では何もないでしょう。

 

 

しかし、毒物を毎日食べ続けた結果、

 

胃腸が荒れ、皮膚が荒れていくのです。

 

 

私はこの仕組みに気づいて本当によかったって思ってます。

 

 

だって、知らないままだったら、愛犬は皮膚炎をいまだに

 

繰り返していたのかもしれませんから…

 

 

 

市販のドックフードの危険性を知った上でどんなフードを

 

用意してあげればいいか?以下をぜひ参考にしてくださいね。

 

↓   ↓   ↓

 

⇒愛犬に本当に安全なドッグフードを与えるこちら

 

 

免疫力を高くする

ワンちゃんの歳を取るスピードって

 

人間よりとても早いですよね?

 

 

加齢ってやっぱり免疫力が低下していきます。

 

 

それと、飼い主さんが仕事などで構ってやれないと

 

それだけでワンちゃんはストレスを抱えて免疫力さえ低下します。

 

 

そう、ワンちゃんの免疫力を高くしてあげることで

 

病気知らずの健康な犬に生まれ変わります。

 

 

人間だって同じ仕組みで、免疫力が低下するから

 

病気になるんです。

 

 

犬だって同じ。

 

 

ストレスや今までの間違ったフードで弱った胃腸が

 

荒れた皮膚を作ります。

 

 

つまり、犬も免疫力を高めることで

 

身体の内側から健康になり、ちょっとした皮膚炎なんて

 

ものともしない身体になれるのです。

 

 

病院にいかなくなったワンちゃんが続出している

 

免疫力を高くしてくれるサプリメントをチェックしてみてください。

 

 

愛犬は脱毛も、このサプリで改善できましたよ!

 

⇒毛艶もよくする免疫力向上サプリはこちら!

 

関連ページ

犬の細菌性皮膚炎にはどんなシャンプーがいいの?
やっかいな犬の細菌性皮膚炎。多くがワンちゃんの身体の抵抗力が落ちて発症します。すでに敏感な皮膚になっている場合に使いたいシャンプーをご紹介します。