脂漏性湿疹で犬猫がフケだらけ!脱毛も?皮膚炎を治してあげましょう!

犬猫の脂漏性湿疹ってどんな症状なんでしょうか?

 

 

ワンちゃんやネコちゃんが

 

病院で「脂漏性湿疹」と診断されて

 

困っている飼い主さんはいませんか?

 

 

今、様々の原因から

 

ワンちゃんネコちゃんの脂漏性湿疹が

 

増えているといわれています。

 

 

この皮膚疾患はかゆみが強くかさぶたや湿疹ができて、

 

症状が酷くなると体液が出てきたり、抜け毛があったりと

 

かわいいペットにはとっても辛い病気なんです。

 

 

飼い主さんが、獣医さんと一緒に

 

大事なワンちゃんネコちゃんをケアしてあげてください!

 

 

ワンちゃんネコちゃんの脂漏性湿疹は治りますよ!!

犬猫の脂漏性湿疹の症状とは?

 

ワンちゃんネコちゃんの脂漏性湿疹は

 

マラセチア皮膚炎とも呼ばれます。

 

 

脂漏性湿疹は、ペットの体に元々いる

 

常在菌であるカビ菌(マラセチア)が

 

なんらかの理由で異常に増殖して、

 

ペットの皮膚に炎症を起こしてかゆみが生じる病気です。

 

 

この皮膚疾患は、かゆみ・赤み・かさぶたなどで、

 

ワンちゃんはとってもかゆくて辛い思いをしてしまいます。

 

 

市販のシャンプーでは症状が悪化します!

 

症状がひどくなると、

 

フケのようにかさぶたなどが落屑し、

 

ひどくなると、抜け毛が多量となります。

 

 

どの犬種でもかかる疾患ですが、

 

圧倒的にシーズーが多いです。

 

 

獣医さんに脂漏性湿疹と診断されたら、

 

適切な治療と適切なシャンプーでケアしてあげてください。

 

 

マラセチアが増え過ぎると、

 

皮脂がたくさん出てきてワンちゃんネコちゃんの体が

 

皮脂でべたべたになります。

 

 

市販のペット用シャンプーだと成分が強すぎるので、

 

皮脂を過剰に落としてしまい、さらに皮脂を出そうとします。

 

 

結果的に過剰な皮脂分泌となり、

 

体全体に炎症とかゆみを起こします。

 

 

こういったことから、
かゆみを軽減してあげるシャンプーを使うことが重要なのです。

 

 

また、飼い主さんに注意してほしいのが、

 

対策をしてもこの病気がなかなか治らない場合、

 

甲状腺機能低下やアレルギーが原因で

 

マラセチアを増殖させてしまう場合です。

 

 

脂漏性湿疹といっても他の病気が隠れていることもあるので、

 

その場合は症状を獣医さんに伝えて真菌の全身検査をお願いするといいでしょう。

 

 

ワンちゃんの脂漏性湿疹写真

 


ということで、まとめると、

 

脂漏性湿疹の症状

 

■被毛がベタベタしている
■いつも掻いている
■フケ、かさぶた、赤み
■外耳炎
■脱毛
■皮膚から浸出液

 

です。対策として

 

■獣医さんに診察してもらう
■薬をもらう
■抗真菌剤入りのシャンプーで洗う

犬脂漏性湿疹には専用のシャンプーを使いましょう!

このように、犬の脂漏性湿疹はマラセチア菌の増殖で

 

症状が悪化していきます。

 

 

私が強くおすすめするのは、シャンプーを変えることです。

 

 

市販のペットシャンプーでは、成分が強過ぎるので

 

脂漏性になっているワンちゃんの皮膚にダメージを

 

与え続けます。

 

 

そしてすでに脂漏性でベタベタということは

 

犬の皮膚上でマラセチア菌が大量に発生しているので

 

マラセチア菌を殺菌しなければ脂漏性は治らないのです。

 

 

マラセチア菌が増えすぎてしまうと

 

強いかゆみやかさぶた湿疹を引き起こしますから、

 

ぜひ今すぐ脂漏性湿疹専用のシャンプーを使ってあげてください!

 

国内産ではマラセチア菌を殺菌できるシャンプーはコラージュフルフルのみになります!

 

 

ワンちゃんに使う時は半分ぐらいに薄めて洗ってあげたら

 

私の愛犬はよくなりましたよ♪

 

⇒愛犬が脂漏性を治したシャンプーの様子こちら!